【iPhone】「True Tone」について知ろう(Part2:カメラ関連)

前回の記事で、「TrueTone」のディスプレイ関連の機能について紹介しました。

今回は、もう一つの主要な機能である、「カメラ関連」の機能を紹介していきます!
 

カメラ関連の機能

こちらの機能は、「手前の被写体を照らしつつ背景を低速シャッターで適正に露出できる」というものです。

分かりやすく言い換えるならば、「暗いところで写真を撮っても、肉眼で見た時のように撮影できる」という、優れた機能です。



一般的な(従来の)フラッシュの場合では、薄暗い場所で撮影すると青白く反射してどこか不自然な印象になります。

一方、「True Tone」の機能をONにしてフラッシュを使用すると、肉眼で見たときと近い印象の写真が撮れます。

iPhoneカメラの可能性

一眼レフなどのカメラに詳しい人は分かると思いますが、暗いところを明るく撮る時は「長時間露光」を利用すると思います。

最近のiPhoneでは「True Tone」を用いる事で、一時的にシャッタースピードが低速になっていますので、

実質「長時間露光」を用いた撮影も可能になったと言えるのではないでしょうか。



※工夫次第ではiPhoneで星空を撮影する事もできようなので、驚きですよね…。
 

最後に

さて、いかがだったでしょうか。

「True Tone」は生活の中で、知らない内に使用している機能であることを知っていただきました。

設定がOFFになっている方は、これを機にぜひ利用してみて下さい!

吉祥寺店ブログ